憂鬱状態からの脱却法を学べ|前向き気分で明日への自信

鬱

気分を楽にしていくには

悩み

憂鬱さを感じることは誰でもあるでしょうが、それが長く続けば問題です。うつ病のような心の病気の可能性が高いので、専門病院で診察をしてもらうようにしましょう。辛い症状から解放されるためには治療はとても大切なことです。

Read More...

あなたの心の状態

元気になる

憂鬱はそのままにしておくのはよくありません。時間がたって治るものでもないでしょう。治ったと思っても、どこか心の奥に閉じ込めているだけかもしれません。まずは心療内科や精神科に受診し、カウンセリングをしてもらいましょう。

Read More...

新しい世界

元気になる

社交的な生活を送っていなかったせいで、社会生活がうまくいかなかった私は次第に精神を病んでしまいました。精神科を受診することで、私は療養する必要があることが判明し、半年ほど休んだおかげで憂鬱な気分はよくなりました。

Read More...

精神面で疲れが出てきた時

先生

憂鬱になることが多くなったり、食欲の低下や睡眠不足を自覚していたりする場合は、出来るだけ早く医療機関を受診するのがオススメです。こうした症状はうつ病の典型例でもあるでしょう。

Read More...

メランコリーとの付き合い

先生

一般的な社会生活をおくる上で、憂鬱な気分になることは誰しもが大抵あるものです。しかしそれをそのまま放置していると憂鬱な感情が積み重なり、やがてはうつ病などの病気に発展してしまう危険もあります。そのためにちょっとした憂鬱な気分は、感じたその時点ですぐに吹き飛ばしてしまうことがお勧めです。そのための方法はいろいろありますが、とりあえず好きなことをしたりリラックスしたり、忙しい日常を忘れることなどが効果的なようです。たとえば旅行やドライブ、ショッピングや温泉などに出かけたりすれば、日常とかけ離れた時間を楽しむことが可能です。また運動などで思いきり体を動かすこともお勧めな方法で、動くことで気分転換になることもあります。他にもおしゃべりやカラオケなどといった、声を出す行為も良さそうですし、嫌なことやしたくないことなどをメールや文章として書き記すことで、気持ちが冷静になることもあります。また心が落ち着くような内容の本を読むのも良いですし、たとえそういった内容でなくても、本はいろいろな思考パターンなどを知ることが出来るので客観的になることができます。ちなみに活字が苦手ならば漫画や映画、ドラマなどでも良いでしょう。

憂鬱な気分の対処としては、セルフケアは有効的です。しかしそういった方法でも改善されない場合は、早めに医療機関を受診して、医師やカウンセラーに相談しましょう。ちなみに日本ではそんなにまだなじみがありませんが、海外などではカウンセラーへの相談は日常的になっている国などもあります。日本でもどんどん心の病やトラブルは増加傾向にありますので、今後はカウンセラーがもっと身近な存在になる日も近いかもしれません。もちろんそういった専門的な機関や施設、プロへの相談の他にも、セルフケアも続けることが大切です。最近では癒しのためのサービスなども実施しているところがたくさんありますし、とくに変わったことをしなくても、日常的にたっぷりの睡眠やおいしいものを食べるだけでも、十分対処方法になります。あとは秋や冬といった季節は日照時間も短くなることで、憂鬱になりやすいと言われています。そのためにイベントの予定を入れたり、夢中になれる趣味を追求したりして対処しましょう。他にも体調が優れなかったり、病気だったりすると気持ちまで沈むことがありますので、健康には気を付けるようにしましょう。とくに女性は毎月の生理によってホルモンバランスの乱れとともに、体調も変化しやすいので注意が必要です。