憂鬱状態からの脱却法を学べ|前向き気分で明日への自信

鬱

あなたの心の状態

心も大事に

元気になる

現代社会において、年々問題視されているのが憂鬱ではないでしょうか。仕事、人間関係、あるいは家族との関係、その他いろいろな悩みが積もりやすい世の中です。もちろん、悩みができてもすぐに解決できる人もいます。しかし何だかつまらない、毎日が辛く感じるというような憂鬱感が溢れてしまい、心の病を患ってしまうこともあります。憂鬱はポジティブさで解決しようと思えば出来ることですが、人によってはそのポジティブさも失われてしまうこともあります。ポジティブさが失われるどころか、何かをする気力すらも失われていきます。最悪の場合になれば生きる気力すらも失いかねません。こうなってくればもちろん仕事どころか私生活にも影響が出てきて、なおさら自分の心に負担をかけてしまいます。いわゆるうつ病などというような、心の病となってしまいます。最悪のケースにならないように、心療内科・精神科が存在します。そして年々その受診率は増加の傾向にあります。その理由が最初に述べたものがほとんどです。身体面も大事ですが、精神面はもっと大事です。身近な人にも相談できないからこそ、病院に行って受診・カウンセリングをし、心を休ませる。それは今後の仕事や私生活にも大変活かされるものです。単なる憂鬱だと侮ってはいけないのです。憂鬱は、現代だからこそ特に注目されるワードなのかもしれません。

一人で抱え込まずに

前段落で述べたように、これからも憂鬱を訴えて病院を受診する方は急増とまではいきませんが、緩やかに増加していくでしょう。休みは少なく、働く時間は長い。休日も実質仕事をやり、プライベートな時間も限られている。このような企業に働いている方は少なからずいるでしょう。憂鬱から引き起こされる心の病は、企業側も無視してはならないものとなっていくでしょう。しかし大事なのは自分から行動するという勇気ある一歩なのには変わりないでしょう。少しでも良くなるように治そう、という意志が大切です。今では心療内科・精神科専門の病院も増えてきています。一人で抱え込まず、まずはネットなどで病院を探し、受診することが大事です。仕事や私生活での悩みにどう対処していくか、どのように職場・社会復帰をしていくかなど、医師がアドバイスをくれます。また周りの人も積極的に声をかけていくのも大切です。少しでもおかしいな、と思ったら悩みを聞いてあげるのも大切です。中にはその悩みを打ち明けてくれる人もいます。そうすることで憂鬱感が減り、心も穏やかになっていきます。仕事・人間関係からは逃れられない社会だからこそ付きまとう問題です。心の病も、深刻な病です。周りの理解やサポートも大切になってくるでしょう。